1泊2日 激安2万以内の伊豆旅行【伊豆高原学園】【城ケ崎オレンジ村】

この記事は約4分で読めます。

1泊2日で伊豆へ家族旅行をしてきました。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 1日目 お昼ご飯とハイキング
  2. 伊豆高原学園
  3. 2日目 オレンジ村でBBQ 

【1日目】 9時ごろ出発 車で伊豆高原

お昼

道の駅 伊東マリンタウンの伊豆太郎でお昼ご飯を頂きました。伊豆といえば海!ということで海鮮丼を。定番のメニューっぽい海鮮のっけ丼を頂きました。2330円ほどだったと思います。施設内にはお土産屋さんやアイスクリーム、観光案内所や無料の足湯なんてものもあったので運転の休憩にぜひ。混んでいる印象は受けませんでした。

f:id:aogakuseinonitijou:20200429175717j:plain

(伊豆太郎ホームページ https://ito-marinetown.co.jp/restaurant/izutarou/

 

つり橋があったのでそこへ。絶景でした。ハイキングできます。

f:id:aogakuseinonitijou:20200429175748j:plain

 

ハイキングが終わったら早めに宿についてゆっくり。この宿をしっかり語りたいのでぜひ読んでください。

 

伊豆高原学園】

ここは大田区の小学生が宿泊行事のときに利用する施設です。それ以外の時期は一般の人に開放しています。学校の施設と聞くとなんだか古そうに思ってしまいそうですが、なんと最近立て直したのでとってもキレイなんです!しかも広くて快適。メリットたくさんあります。

 

  • 安い

なんといっても値段が魅力的です。ざっくり1泊2食で7000円ほどです。破格ですね。内訳をみていきましょう。

 

部屋代

1550(6人以上は1人1400円)

2食

2900

入湯税

150

大田区民ではない

+1050(大田区民ならば不要)

合計

7300円

 

概算でこんな感じです。少人数ならば先生用っぽい洋室もあるのでそちらも検討してみてください。和室は1クラスの男子か女子は絶対に入るほどの巨大な部屋です。やっていいかは置いておいて、枕投げ、ドッチボール絶対できます。布団はご飯の時間にひいておいてくれます。ありがたい、、、

 

食事はこんな感じです。

  • f:id:aogakuseinonitijou:20200429175752j:plain

    夕食

    f:id:aogakuseinonitijou:20200429180154j:plain

    朝食

    アクセス抜群

こちらの施設、車でしか行けないなんてことはありません。伊豆高原駅から徒歩でいくことができます。そして伊豆高原駅からたくさんのバスが出ているのでグランパル公園やシャボテン公園、城ケ崎オレンジ村にいくのにも使えます。車がなくても伊豆観光ができちゃいます。ざっくり車でも電車でも東京から3時間ほどです。

 

  • 充実した施設

先述したように、普段は小学生のための施設なので、なんと体育館があります。基本的に誰でも使えるようになっていて、貸切ることもできます。他の団体が貸切っているときは使えないので気を付けてください。ボールやラケット、ネットなんかは借りることができます、荷物も少なくできてありがたいですね。他にも卓球ができたり、要予約ですがBBQや星空観察なんていうのもあります。足湯もあって露天風呂もあります。素晴らしい施設です。

伊豆高原学園ホームページ www.izukougengakuen.jp/

 

2日目 オレンジ村BBQ 

朝食を頂いて、体育館でまた遊んだ後は、城ケ崎オレンジ村にBBQをしに行きました。BBQの具材はお客さん自身で用意するか、用意してもらうか選べます。別料金ですがオレンジ狩りも楽しめます。コテージもあるのでここに宿泊するのも楽しそうですね。火起こし道具などはあちらが用意してくれます。助かります。周りにニワトリがいて楽しかったです。許可を取って抱っこさせてもらいました。これは抱いた人しか分からないと思うのですがなんというか鶏肉感がすごいです。もし、ニワトリが苦手でしたら檻に入れてもらうこともできるみたいです。トイレも清潔でした。食材込みだと1人当たり2700円、食材なしだと8人まで4600円なので最大人数で1人当たり575円。ありがたいお値段です、、

f:id:aogakuseinonitijou:20200429175734j:plain

 (城ケ崎オレンジ村ホームページ izu-orange.com/index.html)

今回はオレンジ村でBBQをして帰りましたが、シャボテン公園やグランパル公園にいくのも楽しそうだなと思いました。

 

最後に

今回は家族旅行でこのプランを実行しましたが、似たようなプランで友人といったときもとても楽しかったです。ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました