【ヨーロッパ】バックパック中の安全対策【セキュリティ】

この記事は約3分で読めます。

 

大学生がバックパック背負って17日間ヨーロッパを周遊した話

をたびたびブログにしているが、今回は安全対策について書いていきたいと思う。

 

ヨーロッパは先進国だ。暴行などなそこまで心配していなかったがスリは警戒していた。

 

①夜は出歩かない

 

どうしても日本よりは危険なので夜は気を付けていた。基本的に日没時間を調べて、その時間を目安に切り上げ、帰路についていた。

 

日が落ちてからは、人通りの多い道を絶対に選んでいた。

 

②はぐれたとき

女子三人で旅行していた。そのため、はぐれるのが怖かった。

 

全員の携帯には海外でも使えるSIMカードを入れていた。なので、もしはぐれても連絡は取りあえるようにしていた。

 

でも、もしそれが使えなかったときはみんなで決めていたことがある。

 

全員いた最後の場所に集合」というものだ。

 

これでも会えなかったらカフェに入りWi-Fiを探すか、ホテルまで戻るように決めていた。

 

③バック

全員、バックパックと貴重品を入れるバックを持っていた。普段の観光ではバックだけを持ってく。前につけるもので念のため南京錠を付けていた。実際にはほとんどロックをかけていなかったが、警戒してますよアピールにはなっていたと思う。

f:id:aogakuseinonitijou:20200516234026j:plain

このバックで痛い目にあったのだが、、それはこの記事を読んでみてください。

 

aogakuseinonitijou.hatenablog.com

 これは私が使用したものではないが、このタイプのバックがおススメである。

 

④セキュリティーポーチ

 

これはamazonで購入したもので、みんなおそろいだ。

 

服の下につけるもので、財布をすられたときのために存在している

 

考え方としては、財布などはスられてもかまわないと思っていた

それよりも抵抗したりして殴られたり、旅行が終わるような事態になることが怖かった。

 

なので、財布がなくなっても旅行ができること(お金があること)、ホテルまで帰れることを重視していた。

 

入っているものは

予備のクレジットカード(メインのカードは財布に)

現金2000円分(ホテルに戻る用の交通費程度)

パスポート(ホテルに置いていくのは不安だったため)

 

この3つだ。バックにはスキミング防止の機能がついていて、便利だった。

 

身体検査などでは引っかかることもあるが、外せば問題ない。

 

つけ外しがちょっと面倒だが、これがあると安心して観光できる。

 これは実際に使っていたもので、薄くて軽いので着けてないような気がするものだ。

 

700円でシンプルなデザインなので、男女ともに使える。

 

おススメなので迷ったら見てみてほしい。

 

最後に

これだけ対策していった結果か、怖い思いはそんなにしていない。パリでスられかけたのも、笑い話にできる。

 

でももし、対策が不完全で悪い思い出になってしまうのは悲しいので、できることはしていったほうがいいと思う。参考にしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました